代位弁済とは?

 

代位弁済とは、人的担保としての保証人、連帯保証人が債務者の代わりに返済を行うことを言います。

 

つまり、借りた人が返済できなくなったので代わりに保証人がお金を返します、ということです。最近では個人の連帯保証人を立てることより信用保証会社や協会が金銭貸借契約時の保証に基づいて代位弁済を行うケースの方が多いようです。

 

また、代位弁済した側は本来の債務者にその分の返還を要求する権利があります。これを求償権と言います。つまり、金融会社への借金を保証会社が返してくれました、本来金融会社へ返済する分を保証会社に払ってください、ということです。代位弁済されるのは3か月以上の延滞や催促があっても履行されないような場合です。

 

そうなる前に一言遅延の連絡、いつまでに必ず払いますと言う連絡をするようにしましょう。

 

代位弁済されるとそこでの融資は一切受けられなくなる他、担保を売る事態になることも考えられます。万が一代位弁済されてしまった場合はすぐに保証会社に連絡をして、弁済された額は分割なりで必ず支払いをすると言う意思を見せましょう。

 

 

貸倒とは?

 

貸倒れとは、お金を貸した相手側が倒産をしたりして、差し押さえなどの手段を利用しても債権が回収出来ずに今後の返済の見込みがないと判断された場合の貸付金のことを言います。

 

貸倒れについては法律的に請求権を失ってしまった債権と将来的にも返済される見込みがなくなってしまった債権とがあります。法律的に請求権を失ってしまった債権とは、自己破産や個人再生などの手続きによって返済が免除されてしまった債権を言います。この場合、債権者は返済することを要求出来なくなってしまいます。

 

また、将来的にも返済される見込みがなくなってしまったという債権については、債権者は返済を要求することが出来、債務者には返済をしていく義務があるので今後も返済をしていく必要があります。

 

貸倒れに合わないためにも、債権者はお金を貸す時には貸倒れのリスクも考えたうえで検討することが必要です。

 

万が一貸倒れになってしまった場合には、回収できなくなった金額を貸倒れ損失として費用に計上することも可能です。この経費に計上するためには条件もあり、法律上の貸倒れの場合か事実上の貸倒れの場合などの条件があります。素人ではわからないことが多いので、税理士などに相談をするのが良いかと思います。